2.1 我思うゆえに我あり

入学式から1週間後、ワタシは大学から少しだけ離れたところにあるショッピングモールにいた。通路のベンチに座り、買い物をするわけでもなく、ただ行き交う猫たちを眺めている。

モールの一部は吹き抜けになっていて、ここからだと、階下のフロアでショッピングをする猫の様子もよく見える。

そうして、ぼんやりと周囲を眺めながら、もやもやと事前課題のことについて考えていた。

自分の寿命が残り1年間であると仮定して、自己分析シートを埋めなさい

そもそも、その前提条件が素直に受け入れられない。何で、ワタシが1年後に死ななきゃならないの? ワタシのニャン生、これからがお楽しみだというのに、そんなの困っちゃうよ。

それにしても、猫は死んだらどうなるんだろう。

生きている時に、良いことをした猫は天国に行き、悪いことをした猫は地獄に行くと聞いたことがある。でも、良いことも悪いことも両方した猫はどうなるの? それに何が良いことか、悪いことなのかって微妙だし。

例えば、野良猫に餌をあげるって良いこと?というテーマでだって、考え出したら難しい。天国に行くのか地獄に行くのか、その分れ目だって、どこだか分からないし。

猫が死んだ後に魂だけが生き残り、あの世に還った魂が、またこの世に生まれ変わる、輪廻転生という考え方も聞いたことがある。ちょうど、ショッピングモールの回転ドアみたいなイメージで、この世とあの世をぐるぐる行き来するような感じかしら。

もし、生まれ変わるとしたら、何がいいかな。……イルカになれたら、いつも楽しく泳いでいられそう。……パンダもいいな、だってお気楽そうで悩みとかなさそうでしょ。

でも、輪廻ってどうもしっくりこない。もし、魂が不滅でこの世とあの世をぐるぐるしてるんだとしたら、魂の数は変わらないってことよね。じゃあ全部で魂は何個あるの?

もし魂の数が全部で100個だとしたら、100個以上の命は生まれないってこと? 魂を持つのは動物だけ? 植物には魂はない? カビとかウィルスとかには魂はある? もし地球以外にも生物がいたら、それも同じ輪廻転生のグループなの?

こんな感じで、事前課題は一向に進んでいない。

自分のことは自分自身が一番よく知ってる、なんて無意識に思っていたけど、実は全然よく分かっていないことがわかってきた。

ボーっとミャオフォンを見ていると、星占い性格診断というサイトがあったので、試しに生年月日を入力してみた。

◆ おとめ座の性格

おとめ座の猫は、従順で謙虚な性格が多いです。細やかな気遣いができ、親切で思いやりがある、律儀な性格と言えます。また、常に猫の役に立ちたいと望んでいます。知的好奇心が豊富ですが、控えめな所が周囲には分かりづらく映る所があり、内向的に見られることもあります。

……何やってんだろうワタシ。こんなことやってるから課題が進まないのかも。次の講義までまだ時間はあるのに、少しも進む気配がないから焦ってくる。……そうだ、ヨシムネとチャビーは進んでるのかな。キャッツアップでメッセージを送ってみようか。

「ねえ、課題は進んでる? ワタシ全然進んでなくて焦ってるんだけど」

30秒ほどでチャビーから返信が来た。

「ボクはもう終わったよ〜」

すぐにヨシムネも返信してくれた。

「僕も8割ぐらいはできたかな」

「えー!すごい! 余計に焦ってきた~!」

「悩んでるのであれば、課題4からやるといいよ。自分の好き嫌いを書き出すだけだから、そんなに難しくない。それをあれこれ考えていると、やりたいことが思い浮かんでくるようになるから」

「ありがとう! そうしてみるね」

ヨシムネがいいアドバイスをしてくれた。

確かにそうね。まずは単純に、自分の好きと嫌いを考えてみればいいか。えーと、私の好きなものは……。