7.4 ワタシに出来ること

「ネコ美、今日はぼーっとしてることが多かったけど大丈夫?」

ヨシムネがワタシに声を掛けてくれた。正直なことを言うと今日の講義の内容は、いまいち自分の事として聞くことができなかった。だって、キャッツアイに就職するというワタシのライフイベント表は、すでに崩壊しているから、計画も何もあったもんじゃないだもの。

ワタシは、最近起こった出来事をヨシムネとチャビーに打ち明け始めた。役所に行ったけど、ケビンについての情報は得られなかったこと。雨に打たれて転んだこと。キャッツアイは事業を縮小し、ケビンも部門ごとリストラされたこと。自己分析シートを失くしたこと……。

「なんだかもう、いろんな事が嫌になっちゃってさ。体に力が入らなくなっちゃってるの」

「そうか〜、大変だったね〜。運気が変わると良いのにね〜」

「でも、僕、ネコ美の自己分析シート持ってるよ」

「ええ!? 本当?」

「うん、想像力の講義の後、ディスカッションをする時に、それぞれコピーを配ったでしょ? 僕、資料は全部スキャンしてデジタル化してるから…………ほら」

ヨシムネがミャオフォンの画面をこちらに向け、ワタシの分析シートを見せてくれた。

「これ、メールで送信しておくね」

「ありがとう! 良かった~! …………ワタシ、なんか自分だけで問題を抱え込んでしまっていたのかもしれない。もっともっと、いろんな猫に相談したりして、自分から行動を起こしていったほうがいいのかも」

「そうだね〜、7つの猫缶の第一の習慣に『主体的に行動する』ってあったもんねぇ」

「あの、事前課題の期限変更ひどくなかった?」

「僕は、自分の計画が崩れてしまって、慌てふためいたよ。パニックになりながら残りを読んだ」

「ワタシはちゃんと読むのは諦めて、残りはテキトーにしか読んでない」

「実を言うと、ボクはね〜、最初からちゃんと読んでないんだ。インターネットの解説サイトをいくつかコピペして、感想文を書いちゃった」

「チャビー、良いことを教えてあげよう。最近の大学は、生徒がコピーアンドペーストでレポートを書いていないか調べるために、専用のソフトを使っているよ。そういうことをすると、すぐに見つかるようになってる」

チャビーは青くなった。

「まあ、大丈夫だよ、あの渋さんが僕たちの感想文をちゃんと読むわけがない。そう思うだろ?」

ヨシムネの確信をもった物言いに、ワタシもチャビーも笑ってしまった。

*

ヨシムネ、チャビーと話をして、なんだか元気が出てきた。自分に出来ることに集中して、主体的に行動する。自分に変えられないことは諦めて受け入れる。単純なことだけど、それしかない。ずっとさまよっていたが、自然とそう思えるようになり、吹っ切れた気分になってきた。

講義が終わってからの帰り道、ワタシはケビンの家を訪ねることにした。サラからケビンの住所は聞いていたので、その気になれば訪問することはできたのだけど、ちょっと不安で足が遠のいていた。でも今日なら行けそう、そう思ってワタシはケビンの家に向かった。住所と建物名からすると、ケビンは繁華街の近くのアパートに住んでいるらしい。時間は夕方近く、日も落ちて気温も下がってきていたが、そんなことは気にせず、どんどん足を進めた。

open-window-1246191_640

アパートが近づいてくると、それまでの勢いは失せ、だんだんと心細くなってきた。想像していたよりも大きく、そして古い建物を目の当たりして、怖気付いてきた。やっぱり帰ろうかなとひるんだが、それでも心を奮い起こして階段を上がり、三階の部屋の前まで進んだ。

ドアの前に立ち、深呼吸をした後、お腹に力を入れて、ブザーを押した。…………30秒ほど待つが応答はない。

トントン、とドアをノックしてみるが、それでも反応はない。

出掛けてるのかな?…………しょうがない、帰るか。
ほっとした気持ちと、残念な気持ちが同時に心を覆ったが、何気なくドアノブを回してみると

カチャ………… なんと、ドアが開いている!

心臓がバクバク鳴っている。勝手に入るのはまずいけど、中にケビンがいるかもしれない。どうしよう、どーしたらいい!?

本当は、一刻も早くその場から立ち去りたかったが、頑張れと自分に言い聞かせ、なんとかその場に踏み止まった。自分の心を奮い起こし、ゆっくりとケビンに声を掛けながら部屋に足を踏み入れた。

「ケビンさーん。ネコ美ですー。いないんですかー? 入りますよ~」

部屋から返事はない。部屋の中は換気されていないようで、空気も悪く、ほこりっぽかった。ゆっくりと廊下を進むと、床がきしむ音がして不気味に感じる。奥の部屋の中からなにやら話し声が聞こえてくる気がしたが、なんと言ってるのか聞き取れない。そして、奥の部屋のドアをゆっくり開けると…………。リビングの床は、洋服、食べ物のかす、ごみなどが散乱していた。

chaos-227971_640

 

ケビンの姿は見えず、テレビが付けっぱなしになっているようだった。ソファの前のガラステーブルには、飲みかけのウィスキーのボトルと、マタタビの実が散乱していた。テレビを消そうと奥に向かった瞬間、ワタシは心臓が凍りつきそうになった。

ソファとテーブルの間に、ケビンが倒れていたのだ!

「ケビンさん! 大丈夫ですか! ケビンさん! しっかりして下さい!」

倒れているケビンに駆け寄って息を確かめる。よかった! 生きてる! どうやら酩酊して寝込んでいるようだった。

「ケビンさん! 起きてください! こんなところで寝てたら風邪ひきますよ!」

ケビンの体を何度も揺り動かす。ケビンはいびきを掻いて寝ていたが、そのうちに、うーんと唸って目を覚ました。

「…………誰だ……」

「ワタシです、ネコ美です!」

「…………なぜ、こんなところにいる……」

「ケビンさんが、心配で来たんですよ!」
ワタシはコップに水を汲み、ケビンに手渡した。ケビンは起き上がり、ソファに深く座り込んで水を一気飲みした。ケビンはしばらくの間、ばつが悪そうな顔で黙って座っていたが、やがて口を開き、一言だけ言った。

「…………帰れ……」

ぶっきらぼうにそういわれて、ワタシは一瞬ひるんだが、その言葉を無視するかのようにワタシは語りかけた。

「ケビンさん、サラさんからキャッツアイのこと聞きました。大変だったんですね、ワタシは、インターンで働いていたのに、まったく知らなかった…………」

「……だから何だ、何しに来たんだ? ……いいから帰れ…………お前に用はない

「嫌です、帰りません。ワタシはケビンさんに、元気になってもらいたくて、ここに来ました

「ほっといてくれ……もう終わったことだ。……だいぶ働き詰めたから、これからはもっと猫らしく生きようと思ってるところさ。幸い配給があるから食うには困ってない。寝たい時に寝て、遊びたい時に遊び、自由気ままにその日その日を暮らす。猫のあるべき姿ってところだな……」

「ワタシにできることはありませんか? ケビンさんの役に立ちたいんです」

「役に立ちたい?…………じゃあ悪いけど、もう1本ウィスキーを買ってきてくれよ…………」

ケビンは自嘲的に笑いながら言った。

「ケビンさん、真面目に聞いてください! ケビンさん、講義で言ってましたよね。自分が想像した未来よりも、素晴らしい運命が待っているなんてことは絶対にない! 自分が想像したことが実現するかどうかなんて分からないけど、自分が想像できる未来がマックスなんだって! こんなことしてたら、ケビンさんを待ち受けているのは、アルコール依存症の未来ですよ!」

ワタシは、震えながらウィスキーのボトルを取り上げて、キッチンにウィスキーを流し始めた。

「おい! お前! 何をする!」

ケビンは怒鳴りながらワタシを押しのけ、ボトルをひったくった。押された勢いで、ワタシはキッチンの床に投げ出されてしまった。その瞬間ケビンは、しまったという表情を浮かべたが、すぐに卑屈な表情に戻り、ワタシに言い放った。

「1歳ぐらいの年端もいかない、お前のような仔猫に俺の何が分かる! 自分のすべてをかけて築いたものを失ったんだぞ! すぐそこまで成功が迫っていたのに…………突然、手中から消えてしまったんだ……。お前の知っている情熱家のケビンは死んだんだよ…………いまお前の目の前にいるのは、ただの負け犬さ!」

そうしてケビンはソファに座りなおし、自嘲的にボソッと言った。

「負け犬じゃなくて、負け猫だな…………」

ワタシは涙が止まらなかった。床に投げ出されて体が痛かったせいか、ケビンに怒鳴られたせいか、頭の中がぐちゃぐちゃで、もう分からなかったが、とにかく涙があふれ出てきた。

「ワタシ、キャッツアイで働けたらいいな……と思っていて……それがかなわなくなったのも残念でしたけど…………でもそれ以上に、ケビンさんがそんなこと言うなんて…………ショックでした…………。でも、ワタシは諦めませんから…………。自分で変えられないことは受け入れるしかないけど…………自分でできることを見つけて…………自分から行動起こしますから…………。ケビンさんにも立ち直ってほしいです…………」

涙ながらに思いを伝えようとしたが、最後の方は声になっていなかったかもしれない。ワタシは立ち上がり、テーブルの上に転がっているマタタビの実を全部ゴミ箱に捨てて、部屋を立ち去った。

アパートを出ると、辺りはすっかり日が落ちていていた。通りには家々が並んでいて、どの家も電飾を使ってハロウィンの飾り付けをしていた。照明はきらびやかに輝いていたが、ワタシの目には次から次へと涙があふれてしまって、周りがよく見えなかった。

lantern-989229_640