8.1 生き残るのは変化できる者

ケビンの家を訪問した3日後、ワタシは大学の教室に居た。渋さんとサラに大学へ来てもらって、ケビンの家であったことの一部始終を話していた。 ワタシが話し終わると、渋さんが口を開いた。 「実はな、ケビンのやつ、2日前にワシのと...

8.2 変化はチャンス

「みんなお久しぶり、元気にしてたかしら。今日の講義も、サラが担当するわ。この集中講義も、残すところあと2回ね。みんな、これまでの講義を通じて、将来について考えてきたかしら。自分の未来を想像し、目標を設定して、計画を立て、...

8.3 点と点をつなげる

サラは、微笑みかけながら話を続ける。 「では次に、環境変化に対して対応する方法を順に説明していくわね。まず一番最初にやるべきことは『起こっている事実を認める』ということ。こぼれてしまったミルクは決してコップには戻らないわ...

8.4 なんとかなるでしょ

ワタシはヨシムネとチャビーに恐る恐る尋ねた。 「大学を卒業した後の進路って、もう決めた?」 ヨシムネは上気した顔で話し出した。 「まだ決定はしてないけど、何社か企業を訪問して面接を受けてるよ。前にも話したけど、僕はメカエ...